pixta_20177735_S

ホットヨガ中の脱水状態には気を付けて!

ホットヨガは大量の汗をかいて体内の毒素を排出することや体幹・インナーマッスルを鍛えて体の線を美しく魅せることなど、ホットヨガを行うことで様々なメリットが生まれるのですが、ホットヨガを行うことによって脱水状態を引き起こしてしまう可能性があります。

特に、ホットヨガの最中はポーズや呼吸に集中してしまい、あまり水を飲まないという方も中にはいらっしゃるのですが、それでは脱水症状を引き起こしてしまうリスクが高まるため大変危険です。
ホットヨガを行う上で気を付けたい脱水症状についてきちんと学んでおきましょう。

こんな時は脱水状態に陥っているかも…

体内の水分が失われ続けていると、まず口腔内が乾き、めまいやフラフラとふらついてしまいます。
ヨガのポーズをとっている最中にこのようなことが起こったら、脱水状態になっている可能性が高いです。
めまいなどが現れてからしばらくすると頭痛が起こるようになります。
唾液量も減って口の中がパサパサしてきてしまいます。
この時、頭痛以外に悪心や吐き気が現れる場合もあります。

このような状態になるといよいよ危険なので、ホットヨガを中止し少しずつ水分を体内に取り入れるようにしなくてはなりません。
それでも続けてしまった場合、意識が朦朧とし、体に痙攣が引き起こされてしまいます。
意識障害が起こるような脱水状態は命に関わるので、その前の段階で気が付くことが大切です。

ホットヨガ中、脱水状態にならないためには?

ホットヨガを行っている最中はインストラクターがこまめに水分摂取を促すよう指示をしてくれるかと思うので、その時にきちんと水分摂取を行うことで脱水状態を回避することが出来ます。
ただ、それだけでは体内の水分は不足してしまいます。

まずはホットヨガのレッスンが始まる前に水を飲んでおくことが大切です。
喉が乾いていなくても、水を体内に入れておくことで水分が不足することを防ぎます。
あとは、喉が乾いてきたらなるべくその時に水分を摂取することが大切です。
周りの人がポーズをしている中で自分だけ水分をとっているのは何だか気後れしてしまうという方もいらっしゃると思いますが、そこで無理をして体調を崩してしまっては元も子もありません。

ホットヨガ中は無理をせずにこまめに水分摂取することが大切です。
脱水状態に陥らないよう、体調に気を付けながら健康的にホットヨガを行いましょう。

スポンサードリンク