pixta_13868840_S

ヨガマットをオシャレに運ぶ「マットベルト」と「マットバック」

ヨガと聞いたら、ヨガマットを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
日本でヨガがここまでブームになったのは、海外セレブがヨガマットを持って歩いている姿がパパラッチされたのがキッカケ。
そして、そのヨガマットを運ぶときに使われるのが「マットベルト」、「マットバック」と呼ばれるものです。

「マットベルト」は、丸めたマットにベルトを巻いて、肩に掛けて持ち運びができるもの。
スポーツ用品店やネットでも購入可能ですが、手作りすることも出来ます。
材料費もあまりかからず、自分好みのものにできるので、ハンドメイド好きの方にはお勧め。
また、アジャストを付ければ巻くときの太さも調整できるので、ヨガマット+タオルを一緒に丸めて持ち運べることもできます。

pixta_19868971_S

そして「マットバック」は、丸めたヨガマットを入れられる袋とベルトがセットになっているものです。
どれを買おうか迷ってしまうほど、色や柄が豊富。
いくつか持っていれば、その日のコーディネートや気分に合わせてチョイスすることができます。

また、ヨガマットを袋で覆うので、汚れないという点も良いですよね。
使用後、汗で濡れてしまったヨガマットをそのまま運ぶのに抵抗がある方にもお勧めです。
また通気性に優れたメッシュタイプのものなど、生地の素材にもバリエーションがあります。

大量の汗もしっかり吸収、速乾性も抜群のタオル

特にホットヨガの場合は、下着までびっしょり濡れるくらい大量の汗をかきます。こんなに汗をかいたら、ヨガマットの衛生面も心配です。
マットの上にタオルを敷いている人もいると思いますが、汗をかきすぎて吸収しきれなかったり、洗濯後の乾きが悪かったりしますよね。
そんな悩みを解決してくれる便利なヨガグッズが「ヨガ用マイクロファイバータオル」。

薄くて軽いのに、吸収力が抜群。とっても細い繊維で作られたタオルなので、保温性もあります。
寝るポーズ・シャバアーサナのときに上にかければ、体を冷やささずに済むのです。
また、ホットスタジオの場合は、外との気温差が激しいですよね。タオルを肩にかけて出ればヒートショックのリスクを下げられるはず。

pixta_12515937_S

ヨガ以外でも、ひざ掛け代わりに使うのもオススメです。
シャワールームのあるヨガスタジオに通っているなら、シャワー用のタオルとして使うのも〇。
そして、ヨガ好きに嬉しいのは、速乾性にも優れているという点。

特に会社帰りや夜にレッスンに行く方には悩みの種だったと思います。
夜のレッスンに参加してから洗うとなると、干す時間は限られてしまいます。太陽も出ていないので、日中よりも乾かすのに時間がかかってしまいますよね。
ですが、このファイバータオルは乾くのが早いので安心です。

そして、そろそろ寿命だなと感じたら、お風呂上りのバスマット代わりにしたり、雑巾にしたりと活用することができます。
ファイバータオルは、普通の布よりも汚れをしっかりとキャッチしてくれるので雑巾にも適しています。

ただ、注意しなければならないのが、「ヨガ用」のマイクロファイバータオルを購入するということ。
普通のマイクロファイバータオルだと、肌を傷つけてしまうことがあるそうです。
また早く乾くからといって洗濯を後回しにしていると、すぐに臭いがついてしまうので、なるべく早く洗うようにしましょう。
このファイバータオルを愛用しているヨギー・ヨギーニは結構多いみたいです。

この素材を使ったヘアバンドも人気グッズ。
種類や色、大きさ、値段も様々なのでぜひチェックして見て下さい。

汗まみれの床とおさらばしたい・野外でも安全にヨガを楽しみたい人に

Blue, gray and purple Sport shoes, yoga mat, smartphone on gray background.

床に滴るほどの汗をかくヨガ。
それが気持ちいいし達成感を味わえて良いのですが、知らない人の汗も同じように床に滴り落ちていると考えると…。

もちろん、ちゃんとしたスタジオなら衛生管理はしっかりしているはずです。とはいえ、気になりますよね。
レッスン終了直後はまだ清掃ができる状況ではないので、嫌でも汗で濡れた床を歩かなければなりません。
そんな時の便利グッズが「ヨガ向けのシューズ」です。

ヨガ「向け」のシューズとしたのは、ヨガシューズなるものが検索にヒットしないので、おそらくまだこの世にはないのではと思います。
ですが、ヨガに向いているシューズは販売されています。しかも、とってもオシャレで可愛いものも。

まず紹介するのは、裸足で行うスタジオレッスン用に作られたシューズ。
ストレッチ性に優れており、素足に近い状態なので、靴を履いているということを、つい忘れてしまいます。
さらに滑り止めがついているので、ケガの危険性も下げられます。

そして何より、床と直接触れる面積が減るため、実は潔癖症という方には嬉しいですよね。
見た目は、くノ一が身に着けていそうなカッコいい足袋のようなデザイン。
靴というより、サンダルや靴下といったほうがしっくりくるかもしれないです。

そしてもう1つは、アウトドア用のシューズ。
登山やサーフィンなどに適している、5本指ソックスのようなシューズです。
こちらも、素足に近い状態でストレッチ性に優れています。
足をしっかりと保護してくれるので、室内ではもちろん外でヨガを楽しむ時に便利。

pixta_7140250_S
シューズの他に、レッグウォーマータイプのものも販売されています。
膝下あたりまでウォーマーがあるため脚の冷え対策もバッチリ。

注意しなければならないのは、スタジオによってシューズが禁止のところもあります。
不安な方は、レッグウォーマータイプにするか、スタジオスタッフに確認をしてから使用しましょう。

インストラクターも愛用するウェア

インストラクターを含めヨガをしている人、していない人でも着たことがあるかもしれません。
それは「カップ付きのウェア」です。

キャミソールやタンクトップの裏側にパットがついているもの。
アンダーウェアやナイトブラとして使用している人もいるのではないでしょうか。
カップがついているので、1枚だけでも安心です。
荷物も洗い物も少なくなるので便利で楽チン。

pixta_19461383_S

カラーバリエーションも豊富で自分好みのものが見つかるはずです。
ヨガのレッスンを受けている人の半分くらいは、このウェアを着ているような気がします。
買うときのポイントは、かがんだり下を向いても大丈夫かどうかチェックするということです。

進化している便利なヨガグッズたち

近年、女性をターゲットにしたスポーツ用品が増えてきました。
そして、若者ファッションでもスポーツテイストのものが流行しています。
なんといっても、カラフルなところが良いですよね。
うまくやれば、着替えないでそのままヨガスタジオに直行、なんてことも。

pixta_18443985_S

可愛いヨガマットやマットバックを肩に掛けていたら、「あの人ステキ」なんて思われちゃうかもしれません。
それくらい可愛くオシャレ、しかも便利に使えるグッズが増えてきています。
みなさんもお気に入りの便利グッズを探してみてくださいね。

スポンサードリンク


この記事を書いた人

clear
clear
フィットネスクラブとホットヨガスタジオでの勤務経験有り。
ヨガを通して外側も内側もキレイになっていく方々を多く見てきました。
デスクワークで凝り固まった心と身体を緩めてじんわり温めていく至福の時間が1日の楽しみ。
このライターの記事一覧