pixta_21271285_S

ヨガ以外の時間はどうしているのか

ヨガをしている人たちは、どのような生活習慣なのか気になったことはありませんか。
また、生活の中でヨガは本当に役立つのか等、気になることが沢山ありますよね。
実際はどうなのか掘り下げていきます。

・食生活と食材に気を遣う

pixta_19795059_S

ヨガを始めると食生活が変化した、と感じている人は結構いるようです。
ヨガを通して、もっと自分に良いものを取り入れよう、キレイになろうという気持ちが強くなるため、食事にも気を遣うようになります。

せっかくヨガで体内循環が良くなったのです。
自分の手で直接、体にいれる食べ物も気を遣いたくなりますよね。

ヨガをしていると、いきなり「お肉が食べられなくなった」「お酒がのみたいと思わなくなった」「野菜しか受け付けられなくなった」という人もいるそうです。
本当?と疑いたくなりますが、どうやら本当のようです。

pixta_20367843_S

また、試しに甘いものを食べないようにしてみたら、今は無くても十分満足して食事を楽しめるようになったというパターンもあるそう。
食べたいと思ったものは少しだけ食べて、あとは野菜や豆などが中心というスタイルも。

食べることが大好きな人には、食べたいものを食べるというのは無理がなく続けられそうですよね。
自分の体と向き合う良い機会にもなります。

そして、食材にも気を遣うようです。
なるべく新鮮で無農薬の生野菜、生フルーツ。または乾物。
特に手を加えられていない、ありのままの食材を皮や根っこまできちんと食べることで、大地のエネルギーを体に取り入れていくのです。
そういった食材は、少し値段がはりますが、自分のためだと考えると金額は惜しくなくなるそうですよ。
それでも「やっぱりコストは気になる」という方には、「これだけは良い食材にしよう」と特定のものだけは良いものにしてみても効果が出てくるはず。

・水分をとる、飲む水にも気を遣う

pixta_20177729_S

ヨガのレッスン前、レッスン中、レッスン後に、とにかく水分をよく摂るように言われますよね。
それは脱水症状を防ぐ意味もありますが、代謝をあげるためでもあります。

または、気持ちを入れ替えるためにも水分補給を入れる場合も。
毒素を体外へ出すためには排せつが重要です。

水分を摂らないと、循環が滞ってデトックスもできません。
なので、たくさん水分補給をするように言われるのです。

pixta_18349304_S

特にホットヨガをしている人であれば、レッスン中に2Lペットボトルを全部飲み干してしまうことも普通にありますよね。

>>ホットヨガスタジオLAVA公式サイト
それくらい、こまめに水分を摂取するので、普段の生活でも自然と水分を摂れるようになります。

そして、食べ物と通じるところがありますが、飲む水にもこだわるようになった方も多いそうです。
体の3分の2は水分でできていますよね。

そのため良い水を飲むことで、体にも良い影響があるのではないかという考えに至るのです。

最近では話題の水素水を飲んでいるという方は非常に多いです。
水素水は、味は普通の水ですがデトックス効果が高いということで人気。

また、硬度の高い外国の水を飲んでいる方も多いです。
水分が不足すると、集中力を低下させたり老化や肥満などの原因に。体に様々な不調をもたらします。
ヨガのレッスン以外でも、こまめに水分補給をして潤った体にしておきましょう。

・ありのままの自分を受け入れる

pixta_16545364_S

「今の自分と向き合う」ということをヨガでしていると、日常生活では今の自分を受け入れられるようになるそうです。
否定的ではなく肯定的に捉えられるようになり、ストレスも感じにくくなるとか。
嫌なことが起こっても、受け流すことが上手くなります。

また、自分に素直になるので、好きなこと・嫌いなことを見分けて選択していくことも上手くなります。
そのため、ストレスが溜まったときでも好きなことをして解消することができますよね。
その転換が上手になるから生活もしやすくなるということ。

嫌な出来事、不必要なことを知っているので、未然に避けることもできます。

・すべてのものに感謝の気持ちを持つ

他人にはもちろん自分自身にも大地にも感謝するようになります。
そして、今おかれている現状に感謝しつつも、志を持って向上していくことは忘れないようにしようと考えるように。
成長するためには、まず自分を知らなければなりません。

前述した「ありのままの自分を受け入れる」ことができたら自然と「感謝」の気持ちをもつようになります。
何にでも「ありがたい」と思うようになれたら、何だか毎日が幸せになりそうですよね。心にも余裕が出てきそうです。

・体をいたわる、体を冷やさない

pixta_21178438_S

ヨガをしていると、沢山の汗をかくので免疫力がつき体調を崩さなくなったという方も多いです。
そして、それをキープするために行うことは、「体を冷やさない」ということ。

ヨガをした後に、「体を冷やさないように」とよく言われるのでそれが普段の生活でも癖になってしまうという方もいます。
冷え対策の例としては、自宅で少しヨガのポーズをとったりストレッチをしてみたり、ジンジャードリンクで体を温めてみたり。

pixta_11722361_S

夏にはクーラーがガンガンなところではカーディガンを羽織ったり、冬は湯たんぽや腹巻などをして対策。
ヨガをしていなくても、普通にやっている方も多いと思います。

冷えは万病の元と言われていますし、冷え性の女性はとっても多いですよね。
普段から冷え対策を行うことで、そのうち症状も緩和されていくはず。それに加え、
ヨガをして血流を良くしていけば相乗効果です。
冷えなければむくみもとれ、体もスッキリ。

スポンサードリンク


この記事を書いた人

clear
clear
フィットネスクラブとホットヨガスタジオでの勤務経験有り。
ヨガを通して外側も内側もキレイになっていく方々を多く見てきました。
デスクワークで凝り固まった心と身体を緩めてじんわり温めていく至福の時間が1日の楽しみ。
このライターの記事一覧