フィットネスクラブとヨガスタジオスタッフの経験

pixta_5359134_S

筆者は、フィットネスクラブとヨガスタジオでの勤務経験があります。
その中で、経営者やフリーのインストラクターとお話しする機会もありました。
インストラクターになりたい!と思っている方の参考になればと思います。

インストラクターになりたい人が増加中

pixta_16545317_S

ヨガブームが起こってから10年ほどの月日が流れました。
ブームにのっかって、今でも続けている人は、ヨガ歴10年ということになりますね。

ここまでヨガを継続していれば、教える側になりたいと思う人も出てくるはず。
実際、他の仕事をしながらヨガについて学べるインストラクター養成スクールも存在します。
スポーツ系の専門学校でも、ジムのトレーナーやパフォーマーコースに、ヨガのレッスンが組み込まれているところもあります。
それほど、ヨガは欠かせない存在になってきています。

pixta_19565214_S

私がお会いしたヨガインストラクターのほとんどは転職者でした。
もともとはOLだったりショップ店員だったという方が多かったです。

同じ業界では、ダンスやバレエ、エアロビクスのインストラクターでヨガインストラクターへ転身した方も多いです。今はエアロビよりもヨガをメインにやっているというお話も聞いたことがあります。
その逆ももちろんあります。
他のレッスンでファンをつけていれば、「先生のレッスンだからやってみようかな…」という生徒さんも結構います。
そのため、出来るジャンルが多いことは有利と言えますね。

インストラクターになる方法

pixta_18484543_S

実は、ヨガのインストラクターになるために必要な資格は特にありません。
誰でもなれてしまうのです。

極端な話、お金がありヨガの腕にも自信があるなら、自分でヨガスタジオを開校することもできます。
ですが、間接的に人の体を扱うお仕事。
ヨガ以外にも体についての知識をもっていなければ、とても危険ですよね。
「ヨガ歴10年」というだけでは、インパクトが足りません。

国家資格はありませんが、インストラクターの多くが所持しているのが「全米ヨガアライアンス」が認める資格。
この認定資格を持っていると、ヨガ通にも「この人は信頼できるかも」と思ってもらえるはず。
アメリカのヨガ協会ですが、日本にも認定校が点在しています。

ここで資格が取得できるコースを受講するのが、インストラクターになるための近道でしょう。

また、ヨガスタジオによっては独自の資格があるところも。
ここのスクールで養成を受ければ、同じ系列のスタジオでインストラクターができますよ、といったような具合です。

pixta_16955626_S

そして、未経験または時間がないという方に耳より情報。
未経験者を1から育ててくれる企業もあります。

そこでは、ヨガインストラクターでは珍しい正社員登用。
入社して数か月間、合宿などを経てヨガインストラクターとして必要な知識をつけていきます。
正社員なので、常にヨガと関わりながらも安定した収入を得られます。

また、中小企業であっても養成スクールの費用を負担してくれるところもあるので、「本気でなりたい!」と思う方には、効率も良く費用も安く済むので非常におススメ。欠点をあげるとすれば、途中で気持ちが変わってしまった場合に後戻りがしにくいということでしょう。
pixta_21778389_S

ヨガが好きでも、ヨガスタジオの運営もしていかなければなりません。
今月の予算はいくらで、あと何人の入会が欲しくて…など、数字もついてきます。

ヨガを教える仕事だけがしたいという人には、正社員としての働き方は向いていないでしょう。
業務内容や企業研究もしっかりしておく必要がありそうですね。
また、正社員ですので現在お勤めされている方は、その会社を辞めなければなりません。
そして志望する企業へ必ずしも入社できるということではありません。

他には、スタジオ運営スタッフからインストラクターになる方法もあります。
キャリアがなかったり、まだ道を迷っているという方におススメ。
スタジオによっては、レッスンを受けさせてくれるところもあります。自分がこの仕事に向いているのかどうか考えることもできますし、実際にインストラクターからお話しも聞けます。コネクションを手に入れることも可能。
気持ちだけが先走ってしまわないよう、じっくりと計画をたててインストラクターへの道を開拓していきましょう!

インストラクターの雇用形態と採用試験

pixta_4867627_S

先ほども少し触れましたが、正社員として働いている人もいます。
ですが、ほとんどがフリーや契約社員としてヨガインストラクターをしています。

フリーの場合は、インストラクターを募集しているフィットネスクラブやヨガスタジオへ応募。
応募先によって、面接があったりオーディション、実技試験などがあります。

中には、面接のみというところも。
そういうスタジオは、主に人間性や見た目、経歴を見て採用を決めると考えられます。
ですので、前述した全米ヨガライアンス認定の資格や日本にもあるいくつかの資格を持っていると有利でしょう。

また、ヨガ歴が長いのもアピールポイントになります。
実技試験では、試験官の前で短めのレッスンをすることが多いそう。
もしくは、既存のインストラクターのレッスンを他の応募者と一緒に受けて、それを後ろ試験官が見ているというスタイルもあります。
オーディションも同じような感じです。
「未経験OK」「初心者歓迎」というところでも実技試験がある場合もあるので、日ごろからヨガに親しんでおくと本番で緊張せずに済むはずです。

インストラクターは見た目も重要?

「見た目」も重要です。
芸能人とは少し違いますがインストラクターは「見られる仕事」「魅せる仕事」でもあります。

魅力がある、スタイルが良い、綺麗なインストラクターはやはり人気が高いです。
これは『ヨガをすれば先生のようになれるかも』とモチベーションを上げることができる1つの能力です。
ヨガを続けていれば、自然と綺麗になっていくものですがその綺麗を崩さない努力も必要ですよね。
なら、整形したら良いのか?というと、そういうわけでもありません。
見た目が良くても、レッスン内容がめちゃくちゃなら生徒はいなくなります。

ヨガインストラクターは溢れかえっている

pixta_11239190_S

実は最近、インストラクターが溢れかえっているそうです。
これは、今からインストラクターになろうとしている人にとっては悲しいお知らせですね。

その中で生き残らなければならないので、強い信念が必要不可欠。
生半可な気持ちでやったらニートコースへまっしぐらです。

もともと、ヨガ事業を展開している企業がそこまで多くありません。
その中で、自分が採用される幅を広げるためには何が必要なのか募集要項をチェックして、アピール材料になるように準備しておく必要があります。

pixta_11732145_S

そしてヨガと共に注目を浴びている「ピラティス」も人気です。
ヨガのスピチュアル的な要素が苦手、という方がピラティスにハマるということも多いそうです。

ヨガインストラクターに比べたら、ピラティスのインストラクターのほうがまだ少ないと考えられます。
ヨガに加え、ピラティスの資格も取っておけばレッスンの幅も広がり、アピール材料にもなって一石二鳥。こちらを目指すという手もありますよね。

また、地方でフリーのヨガインストラクターになると、スタジオ数が少ないためかあちらこちらで見覚えのある他のインストラクターが…。評判もすぐに回ってしまいます。それが良い評判なら良いですが、悪い評判だったら大変です。
インストラクター人生に関わります。

pixta_17079972_S

例えば、活躍の場をもう1つ広げようと違うスタジオでオーディションを受けたとします。
ですが、先に応募先の人が悪い評判を聞きつけていたとしたら採用されるでしょうか。
けっこう難しいところです。

普段から挨拶をしたりマナーをわきまえておけば特に問題ありません。
また、コネクションで仕事が増えることもあるので、そういった面では繋がりは大事にしておくと良いでしょう。
急に代行をお願いしたい、という場合にも知り合いがいたほうが安心です。
また、そういった噂が怖いという場合には、東京で活躍することをおススメします。保障はできませんが、都心はスタジオ数が多い地域なので他のインストラクターとそこまでかぶらないはずです。

何がともあれ「ヨガが好き」であること

ここまでで様々な不安要素を与え続けてしまいましたが、とにかく「ヨガが好き」なことが1番重要です。
そして、なぜヨガを教えたいと思ったのか、具体的に書き出してみましょう。
これが志望動機の材料になりますし、モチベーションにもなります。

晴れてインストラクターになったとき、たまに思い出してみてください。
そうすれば見た目も美しい、内容も良いヨガインストラクターへ成長していくのではないでしょうか。
貴方のレッスンで多くの人々を幸せにする日がスタートすることを楽しみにしています!

スポンサードリンク


この記事を書いた人

clear
clear
フィットネスクラブとホットヨガスタジオでの勤務経験有り。
ヨガを通して外側も内側もキレイになっていく方々を多く見てきました。
デスクワークで凝り固まった心と身体を緩めてじんわり温めていく至福の時間が1日の楽しみ。
このライターの記事一覧