imasia_5359134_S

ホットヨガを教える立場になるには?

生徒としてホットヨガを習ううちに、いつしかホットヨガのインストラクターになりたいと思い始める方もいるでしょう。
ホットヨガは心も身体のリラックスできる運動ですので、この気持ちの良さを学ぶ側から教える側になりたい、と考える方もたくさんいます。

しかし、ホットヨガのインストラクターになろうと思っても、どうすればなれるのかがわからない…という方もいるはずです。
ここでは、ホットヨガのインストラクターになる為に必要な資格や知識についてご説明いたします。

ホットヨガのインストラクターを目指す方は、是非参考にしてください。

認定書GETでインストラクターへ!

ホットヨガのインストラクターは、ヨガ講師養成講座に参加し、そこで発行される認定書を取得するだけでなることができます。
ホットヨガ、及びヨガは、身体の筋を伸ばしたり、骨盤を開いたり閉じたりする特殊な動きをする運動ですので、教える側に立つには国家資格のような資格が必要になるのではないかと思われがちですが、そのような資格は存在しません。

インストラクターになりたい!と思った次の日には、インストラクターになるための認定書を手にすることができます。

インストラクターに必要なスキルや知識を学ぼう

認定書を持っているとしても、ヨガの呼吸法や動きに関しての知識やヨガの歴史について理解していなければ、インストラクターとして働き始めるのは難しいです。
ヨガは特殊な動きをする運動ですので、全生徒にケガをさせないように動きを教えるスキルや、進行を進めるガイド力が必要となります。

また、生徒にヨガの動きを教える際には、インストラクターの先生がお手本となる場合が多々ありますので、ヨガで必要な動きを全てマスターしなければいけません。

最近では、インストラクターに必要な知識やスキルを高められる指導者育成コースを展開しているヨガスタジオもあります。
インストラクターになるには、このようなコースに参加するのも良い方法です。

ホットヨガスタジオの求人を探してみよう

認定書を取得し、ヨガのインストラクターとして必要な知識やスキルを手に入れることができたら、ホットヨガスタジオの求人を探してみましょう。
ヨガスクールならば自宅で始めることができますが、ホットヨガは湿度や室温を調整しなければいけないものですので、一般的な家でするのは少し難しいです。

ホットヨガスタジオのインストラクターとしての求人には、正社員や契約社員、アルバイトなどさまざまな雇用の形態があります。
自分の求める雇用形態のインストラクターに是非募集をしてみてください。

スポンサードリンク