imasia_5359547_S

安全にホットヨガをする為の注意点

ホットヨガは、ダイエット効果や美肌効果など、さまざまな健康効果・美容効果を感じることができる運動です。

しかし、そのような利点の多い運動を始める際には、気をつけなければいけない注意点がいくつかあります。
さまざまな効果を感じるには、それらの注意点をしっかりと意識しなければいけません。
ここでは、ホットヨガを始める際に気をつけてほしい注意点をご紹介いたします。

注意点を意識し、楽しく、そして安全にホットヨガを始めてください。

小まめな水分補給が大事

まず1つ目の注意点は、水分補給です。
ホットヨガは高温多湿のスタジオで行う運動です。
39度前後の室温設定、65%以上の湿度設定のスタジオは、ただそこにいるだけでもジンワリと汗をかいてきます。
そんな室温・湿度設定で身体中の筋肉を使いながらさまざまポーズをしていきますので、滝のように汗が流れ出ます。

その為、小まめな水分補給が必要不可欠なのです。
水分補給をする際には、体内で分解が必要なお茶やジュースは好ましくありません。
水を飲むようにしましょう。

食事の時間も気をつけて

2つ目の注意点は、レッスン前後の食事です。
ホットヨガのレッスンは、ダッシュやジャンプなどの激しい動きはないものの、体内を刺激するようなポーズをたくさんとりますので、内蔵が活発に動き出します。
その為、レッスンの前に食事をすると気分が悪くなってしまうことがあるようです。
また、レッスン後に直ぐ食事をとることもおすすめできません。

最低でも1時間程度の時間を開けて食事をするようにしましょう。

自分の限界を突破しない

3つ目の注意点は、無理をしないということです。
高温多湿のスタジオで行うホットヨガは、健康な人が行った場合でもレッスン終了後に頭痛や酸欠といった熱中症の症状を起こす場合があります。
正しい呼吸法で水分補給をしっかりとしながら、リラックスをしてヨガをしていればこのような症状が起こることもありませんが、できないことを無理にしようとすると、呼吸もリラックスもできません。

自分の限界を知り、無理のない範囲で行ってください。
また、健康効果や美肌効果をたくさん感じたいからと言って、1日に何回も何時間もホットヨガを行うこともNGです。

身体に負担をかけてしまいますので、ホットヨガは1日2時間までにしましょう。

身体に負担をかけないことを優先に

これらの他にも、ホットヨガの前後は入浴や激しい運動を控えるという注意点があります。
ホットヨガを始める際に一番大切なことは「身体に負担をかけない」ということです。
ここでご紹介した注意点をしっかりと守っていれば、身体に負担をかけずにホットヨガを楽しむことができます。

注意点を守り、自分の身体を大切にしながらホットヨガをするようにしましょう。
そうすることで、さまざまな健康効果や美容効果を手に入れることができます。

スポンサードリンク